投資初心者がインデックス投資を始める時に役立った記事と投資の結論

随時更新と言っていた記事を一度も更新せず、2019年は終わりを迎えました。

心機一転、2020年に始めたつみたてNISAに関して書きます。

つみたてNISAってなんぞやという人のことは置いておいて、つみたてNISAを始めるまでの4ヶ月くらいに間に得た情報のうち、本当に役立ったものだけ紹介します。

誰?

2019年9月くらいまでは投資に興味がなかった普通の収入の人。裕福でもなく、貧乏でもないです。

結論

先に自分が得た情報からたどり着いた結論を書きます。

投資を趣味として勉強していく覚悟のない自分は、つみたてNISAで時価総額加重平均を採用したインデックスファンドを少なくとも10年は買い続ける、今後5年間の間に資産価値が50%まで下落することは織り込んでおく、です。

以下、結論に至った情報源

以下の情報源を自分なりに要約して上記の結論に至りました。

以下で紹介する情報をいくら読み込んでもほぼ同じ結論になると思います。もちろん投資は自己責任。本当に以下の記事が信頼できるかは自分で判断してください。


anond.hatelabo.jp

増田の記事。より正確に言えば「正社員になって7万円貯金するぞ」という主旨の記事についた7万円の使い道を紹介するトラックバック

要は楽天証券のつみたてNISA口座を作ってインデックスファンドを買え、残りは金利0.1%の楽天銀行で貯金しろ、という記事です。

初めてこれを読んだ時には何を言っているのかほとんど理解できませんでした。ただとんでもない数のブックマークが集まっていてブコメの議論も読むと何だか投資ってすごく多くの人が意見できるくらいに身近なものなんだなと感じました。

この記事を初めて読んだのは投資を考え始めるはるか前の時期なのですが、次に紹介する山崎元さんの本を見てしまうと、エッセンスはほぼ同じということが理解できます。

このトラックバックを見ただけで投資を始めた人がいたとしたら、その人自体は短絡的すぎるなあとは思いますが、その人も結論に書いた買い方を始めたことなります。

でもその人は評価額が落ちた時に持ち続けられない一定金額で10年は買い続けられないんじゃないかなあとも思います。


図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

投資に関する本としては大ベストラーとも言える領域の本。Kindle Unlimitedで読み放題対象に入っていたので何となく手に取りました。

なんだか上の増田の記事が頭の片隅にあって、気になったのかも。いわゆる「老後2000万円問題」が話題になっていた頃に手に取った気がします。

住宅購入や保険の話、銀行や証券会社のセールスの話もあり、読み物として面白いし、読みやすいです。

投資に関する項で紹介されているのがいわゆるインデックスファンドのNISA。

プロが運用するアクティブファンドの平均がインデックスファンドに勝ったことはほとんどない。
プロが役に立っていないことになるから、運用している会社にとってみたら不都合な話でしょう。しかもインデックスファンドのほうが、手数料が安いから、ますます意味がない。

山崎元さんと言えばインデックスファンドへの投資ですよね(多分)。

とにかく手数料が安いものを選べというのも投資の世界ではよく言われる話のようですが、この本で初めてその重要性も認識しました。


anond.hatelabo.jp

この段階で最初の増田の記事を読み返していて気づいたさらなるトラックバックです。 前の記事で触れられていない資産に関しても触れられていて単純に読み物として面白いです。

「おへんじ」の項目を見るとたいていの人が思い浮かびそうな疑問に対して回答が書かれていて、多くの人の助けになります。


お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

  • 作者:勝間 和代
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/11/16
  • メディア: 新書

ここまで読んできて何だかこういう話をどこかで読んだことがあると思ったら勝間和代さんの本でした。

2007年の本ですが、たぶん2008年くらいに一度読んだんですよね。当時は何となく流して読んでそれで終わってしまいました。

勝間さんはREITなんかも勧めていますし、この本が書かれた当時はNISAもなかったですが、基本的にこれまでの記事と同じ方針での投資を勧めています。

興味深いのがこの本に対してのとある書評。

note.com

この本に書かれている投資方針を愚直に貫いた場合のシミュレーション結果が書かれています。書評でも言われていますが、「信じるものは救われる」状態。

ここで学ぶべきはインデックス投資の正しさではなく、リーマンショック級の「事故」が起きた場合、資産価値が半分近くまで落ちることがあり得るということ。

どういった出来事が起きた時にどういった値動きをしたかを知らないと、今後同じような出来事が起きた時に精神的に耐えられないし、一番損な売り方をしてしまいそうです。もしかしたら初心者に一番欠けている視点かも。

結論で書いた50%という数字はリーマンショックよりもさらに悲観的な出来事が起きたとしても動揺しないための設定です。


hayatoito.github.io

いよいよ最後です。ここまで出口戦略やいわゆるアセットアロケーションの話があまり出てこなかったですが、ここで出てきます。

趣味の領域を超えてもはや科学に入っていますが、言っていることはシンプルです。

全米か全世界の実績ある株式のインデックスファンドを買っておきなさい、出口戦略やアセットアロケーションは全資産におけるリスク資産の割合で単純に考えなさい、という話です。

99点が取れれば確かに御の字ですよね。出口戦略やアセットアロケーションに関してもやもやしていたのですが、この記事を読んで自分なりのリスク資産の割合に結論が出せたので、投資を始めることにしました。

最後に

投資を始めるなら最低限紹介した記事に関して自分の考えと合っているかどうかくらいは判断できるくらいまで勉強した方が良いですよ。積立で投資をしていると良い時も悪い時もあるはずなので、人に言われたままに投資をしてるといちいち迷って精神をすり減らすことになります。

特に自分が投資した銘柄が、どういった出来事が起きた時にどういった値動きをするかは簡単にでも知っておかないとなかなか継続は辛いんじゃないかなと思います。

それでは良い投資生活をお送りください。

Macでzshを快適に使うためにしたこと(随時更新予定)

タイトルは大げさですが、要はMacの環境構築のメモです。zshに直接関係ない内容も含みます。

zshに興味が湧いてきたので、買ったばかりのMacを片手に書き始めました。

Homebrewのインストール

brew.sh

きちんと公式のインストールコマンドを確認してから実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ログインシェルの変更

Macではデフォルトでzshが使えるので、ログインシェルをzshに変更します。

$ chsh -s /bin/zsh

Preztoのインストール

色々カスタマイズしていきたいのですが、まずはテーマ変更のためにPreztoを使用します。

github.com

README.mdに沿ってgit clone。

git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"

続けてこちらも実行。

setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done

下記のコマンドを使用してお気に入りテーマを探します。

prompt -l # テーマ一覧の表示
prompt -p # テーマのプレビュー

お気に入りのテーマが見つかったら.zpreztorcに下記のような内容を追記します。 今回はsteeefというテーマを使用する例です。

zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'steeef'

シェルを再起動するとテーマが反映されます。

今後の予定

  • Preztoの標準ではないテーマの使用
  • iTerm2のインストールと設定

qiita.com

GoPro Hero7を持って京都に行ってきた

YouTuberの方がこぞってレビュー動画を上げているGoPro Hero7ですが、カメラにほとんど興味のなかった私もHyperSmooth(要は強力な手ぶれ補正機能)に惹かれて買ってしまいました。

 

サンプルの動画はそこら中に上がっているので、静止画でも載せてみます。

 

そうです、静止画なのでHyperSmoothは全く関係ないです。私と同じど素人の方々に届けってな感じです。 

 

f:id:finekut:20181210210744j:plain

f:id:finekut:20181210210834j:plain

f:id:finekut:20181210210949j:plain

f:id:finekut:20181210211026j:plain

 

何だか空が広く撮れますよ(しょうもない感想)。

 

f:id:finekut:20181210211101j:plain

 

京都に一人で観光旅行に行くとご飯に困るんですよね。

 

追記:お好み焼きはiPhoneでの撮影でした。

 

GoPro HERO7 ブラック CHDHX-701-FW

GoPro HERO7 ブラック CHDHX-701-FW

 

 

転職ドラフトに参加して感じた転職ドラフトを利用した方が良い人

ここ数ヶ月は転職活動をしてまして、入社する会社も決まったので、ぼちぼち振り返っていこうかなと思っています。

 

全体的な振り返りは別途書くとして、今回は転職ドラフトに関してです。

 

job-draft.jp

 

job-draft.jp

 

いわゆる転職エージェントを介した転職活動と一時的に並行して転職ドラフト(第14回)にも参加していました。

 

一度利用した身としてこんな方が利用するのが良いものなのかなというのが少しだけあったので、書いておきます。

 

結果

初めにドラフトの結果から。

 

指名は……ゼロでした。

 

何社かから「検討中」の候補に入れてもらいましたが、結局指名はかからず(ちなみにmoffersでは2社から声がかかったことがあります)。

 

指名がゼロだったことから学んだことは、別途予定している全体の振り返りで書きたいです。

 

転職ドラフトを利用した理由

前々からサービスを目にはしていていざ自分が転職を決意した時にまずは経歴の棚卸しになりそうだからというのが第一。

 

転職を決意した当初に一番気になっていた企業が参加企業に入っており、直近で高額の指名を連発していたというのが第二。

 

転職ドラフトはどんな人に有用か

先にアンチパターンから。

 

第一の理由に挙げたように棚卸しを理由の一つとして転職ドラフトを利用するのは、転職活動の時期によってその有用性が変わってくるように思います。

 

すでに何かしらの形で企業への応募を始めているいる方にとっては無意味に近いです。

 

すでに応募を始めているのであれば、スキルの棚卸しはある程度できているはずです。応募をする準備ができている、または応募し始めた段階以降は、企業との接点を増やすことよりも自分の志向を見つめ直す時間を持ち、自分で応募企業を選別していった方が良いです。

 

ただ、本格的に転職活動を始めておらず、自分の希望している企業が過去に指名している方と自分のスキルのレベルが近いようなら、真っ先に転職ドラフトのレジュメを書いておくというのは有用だと思います。

 

転職ドラフトは基本的にはレジュメを書いたら、まずは指名を待つしかない状態になります。棚卸しのためだけでなく、そういう意味でも取り敢えず直近の指名期間に間に合うようにレジュメを書いておくというのは、時間の使い方的にも効率的です。

 

第二の理由に挙げたように自分が入社を希望している企業が指名に参加しているからという理由で転職ドラフトを利用するのは、これも恐らく時間の無駄です。

 

その企業に入れるだけのスキルがあったとしても、大量にいる候補者の中で確実に担当者の目に止まるということはないはずです。

 

指名側で参加しているような企業は割と実力主義(スキルを細かく見て採用活動を行なう主義)ではあると思うので、エージェント経由なり、自分自身で応募するなりする際に普段のアウトプットを伝える方が現実的に話を進められると思います。もちろんその場合、職務経歴書に普段のアウトプットの内容を書くのはもちろんのこと、面接の時にアウトプットの話になるようにうまいことを話の方向をコントロールすることは必要です。

 

それで本題です。

 

転職ドラフトを利用した方が良い方がいるとすれば、過去に転職を経験している、かつ自分のスキルにある程度自信がある、かつ提示される年収をもとに柔軟に希望を変更していくことは厭わない、という方になるかと思います。

 

転職を経験したことがない方は、参加している企業の名前や転職ドラフトの「実力主義」的なイメージに流されがちになると思うので、まずはいくつかの企業に応募する準備を整えながら、または応募をしながら自分の志向を見つめ直していく時間を多く取ることを重視すべきです。

 

逆に転職を経験している方であれば、ある程度自分の志向もわかってきているはずです。

 

根本的な志向にブレない芯があり、自分のスキルに自信があり(複数の企業から指名がかかる自信があり)、柔軟に希望を変更することを厭わない方とっては、あいまいになりがちな年収を明確な比較に使える転職ドラフトは、すごく良いサービスになり得る感じました。

  

 転職活動をする上でのお勧め書籍

転職ドラフトと関係ないですが、お勧めの書籍を紹介しておきます。

 

転職するのに直接役立つというよりは、企業選びをする上で役立つ感じのものです。

 

特に一度も転職したことがない方は、取り敢えず読んでおくのも良いかも(転職をする上での軽い自己啓発本くらいのつもりで読んでみるのがお勧めです)。

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

 

エンゼルバンクは取り敢えず3巻くらいまで読むと転職エージェントのことなんかもわかるのでお勧めです。

 

「Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド」を読み終えた

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド」を読み終えました(ざっくり一通り目を通しました)。

 

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド (Informatics&IDEA)

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド (Informatics&IDEA)

 

 

一通り目を通して理解するというものではなく、AWSに少し触れてきた人が、新たなAWSの設計をする機会に直面した場合、改めて設計する上でのポイントを思い出すために見直すというのが本書の活用方法だと思います。

 

一応目を通して新たな発見があったところに付箋はつけておいたので、またしばらくしたら見返してみたいと思います。

 

余談

いわゆる「釣り」気味にタイトルを付けるなら「『Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド』はAWSに関わるエンジニア必携の良書だ!」あたりにするのですが、何かそういうの面倒な年頃になっちゃいましたw

AirPodsを返品した

以前、下記の記事を書いてApple製品の返品について紹介しましたが、実際に返品した記録です。

 

finekut.hatenablog.com

 

今回、返品したのはAirPods

 

すみません。買ってみたものの耳に合いませんでした。

 

数日間、ヘビーに使っていましたが、14日以内ということで返品を決意しました。

 

オンラインストアで購入したものを表参道のアップルストアに持ち込んで返品したい旨を伝えたらものの5分で終了しました。

 

アップルストアの店員さんからは「何かお気に召さない点がありましたか?」くらいのことは聞かれましたが、「耳に合わなかったんですよね」くらいの世間話のような返答をしました(事実なのですが)。

 

ちなみに購入はクレジットカードでしたので、返品の場合は同じクレジットカードに払い戻しです。

 

もうすぐ新型が出るとの噂もあるAirPodsですが、今迷っている人はとりあえず試してみるのが良いかも。

自分のブックマークの傾向から有意な情報を取り出したい

いきなり引用から。

 

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ

 

私がよくやるのは、ブログの記事を書くときに、とりあえずタイトルと日付だけを入れて投稿すること。これだけでおわってもいいのですが、不思議ともう1行書きたくなり、気がつくと全部書き終えていたりします。

 

早速実践した結果……タイトルだけ書いたま3ヶ月くらい放置していました。

 

しかも結局今書いているこの記事は改めて書き起こしています。でもとりあえず実践してみるって大事ですよね。

 

タイトル通りなんですが、自分のブックマークの傾向から気持ちの変化とか志向の変化に気づけたら楽しいなというのが最近思っていたところです。

 

まあ今のところ策があるわけでもなく、取り敢えずはてブでブックマークした記事の振り返りです。

 

何となくAWS関連から。

 

待望の機能で気になっていたのでブクマ。

dev.classmethod.jp

 

タイトルを見て「2位は?」と気になってブクマ。

サイボウズの扱いがひどくないですか?w

tech.nikkeibp.co.jp

 

AWSについて学べるオンライン講座みたいなものってあまり聞いたことがなかったのでブクマ。

本旨よりもUdemyの値付けの仕組みの方が気になります。

www.ketancho.net

 

ここからAWS以外。

 

そろそろMacBook買い替えようと思っているのでブクマ。

www.toma-g.net

 

既に修正されてしまっているようですが、元の文章では佐野元春電気グルーヴの一員であったとしか読めない様な記事だったのでブクマ。

文章を書いていて、もっと体系的な法則に従って文章を書けたらいいのにとはよく思うのですが、難しいですね。

news.nifty.com

 

羽生善治先生関連の記事は見かけたら大抵ブクマしている気がしますが、取り敢えずブクマ。一通り読みましたが、何でこのタイトル何でしょう。

師弟制度みたいなところって結構多くの人が興味あると思うんですが、やっぱりそのあたりですかね。

toyokeizai.net

 

何だか昔個人ブログでよくあった自分がブックマークした記事の紹介記事になりました。

 

まあ実際単なる紹介以外の何ものでもないのですが、タイトルにある気持ちをどこかで吐露したかったので書いてみました。